今注目の美容整形施術方法

女医

自然な形で希望の自分に

ボトックスはアンチエイジングの方法として注目されている施術です。筋肉の働きを抑制するたんぱく質を注入して、しわやたるみ改善や小顔や足痩せを実現するのがボトックス効果です。美容目的の施術であり、美容クリニックなどで受ける事ができます。治療ではないので健康保険は適用されず、受ける費用は全額自費になります。美容クリニックでは施術内容以外に行う部位によっても価格に違いがあります。まずボトックス効果を得る薬剤ですが、ボツリヌストキシンというものが一般的であり日本では厚生労働省から唯一認められているのがアラガン社製品です。アラガン社製品は世界でも効果や安全性が認められており、日本でも認可されているものです。その為、日本でボトックスと言えばアラガン社を指す程に信頼性はぴか一です。アラガン社の薬剤では10000円から20000円程であり、それに部位や技術料が加えられた費用になります。一般的に1部位で5万円程になり、ボトックスの量を増やすオプションや2部位にしたりする事で費用が加わる仕組みが一般的です。費用面では上記が一般的ですが、ボツリヌストキシンをアラガン社のものではない選択もできます。対応しているクリニックを探す必要がありますが、扱っているのはジェネリックであり厚生労働省から認可されていません。ジェネリックは後発薬なので、ボツリヌストキシンの成分は同一です。この場合は薬剤の料金が4000円から8000円なので、正規品よりも10000円程は安くなります。クリニックが安全と認めているので安心ではありますが、どちらを選ぶかにより費用が違います。打ってすぐにボトックス効果を得られるものではなく、ある程度の期間は必要です。1回受ける事でずっと効果があるものではなく、定期的に施術を受ける事が必要です。しかし回数を重ねる事で、効果持続期間が長くなる特徴もあります。ボトックス効果は薬剤を注入して3日後位から実感があり、2〜3週間で安定します。この施術は筋肉の働きや緊張を和らげて筋肉を痩せさせて、筋肉の発達による原因で起こるしわやエラが張る事を改善するものです。よって肥満による顔や足の大きさを改善するには効果は薄いです。自分にボトックスが適しているかは、カウンセリングを受ける事でわかります。ボトックス効果は一般的に4か月程の持続期間と言われています。効果が切れる時期に再度注入する事で、継続する事ができます。定期的に受ける必要はあるのですが、ボトックス注射の回数を重ねる事で効果期間が長くなります。それは筋肉の性質の1つであり筋委縮によるもで、働きが抑制されていると筋肉は痩せます。その期間が続くとその状態が自然になるので、ボトックス効果が一般的に切れる時期でも効果継続が実感できます。勿論効果が切れてもその後のケアにより、ボトックス注射をその後受けなくても大丈夫と言う方も多いです。受けられる場所は美容クリニックであり、施術前には必ずカウンセリングが行われます。医師が状態や希望を聞いて、それに適した方法を提案してくれます。その後のアフターケアについてもしっかり説明を受けられ、納得してから治療を受けられます。施術に入院は必要なく、すぐに変わるものではないので、周囲に美容整形を受けた事を知られる心配はありません。自然に痩せていく様な仕上がりになります。