ボトックス効果を高めよう【定期的な施術が必要】

美容医療でも特に人気です

看護師

様々な悩みに対応

美容医療の中でもボトックス効果は優れているにかかわらず切開を伴わずに短時間で行えるということでも人気です。ボトックス効果にはどのようなものがあるのかも知っておきたいですが、まずは表情皺を目立たなくすることで知られていますし、エラを小さくする、ふくらはぎを細くする治療にも採用されています。さらに軽度のワキガや多汗症を緩和するなど実に幅広い分野で活用されています。ボトックスにはボツリヌス菌が採用されており、ボツリヌス菌には神経を麻痺させ筋肉を弛緩させる働きがあります。その働きにより表情で目立つシワを目立たなくしたり、筋肉が発達し過ぎたことで目立つエラやふくらはぎを細くしたりすることが可能となりました。切らずにアンチエイジングができることでも注目されていますが、全てのシワに有効というわけではなく、表情でできるシワに対して効果的な施術です。ボツリヌス菌の猛毒は食中毒を起こす菌としても知られていますが、医療用のものは安全性に優れていますので安心して施術を受けることができます。元々は顔や目の痙攣などの治療に利用されていましたが、シワを目立たなくする効果が認められたこともあり、現在では美容の分野で幅広く活用されています。メスを使うことなく優れた美容効果を得ることができること、治療後のダウンタイムや副作用が少ない、すぐに効果を実感できるなど多くのメリットがあります。効果は永久的なものではありませんが、一度施術を行っておくと数か月程度持続します。ボトックス効果を維持するためには定期的な施術が必要であることは理解しておきましょう。ボトックス効果を得るためには、まずは安心して利用できる医療機関を選ぶことが大事です。美容目的の治療は保険適用が行われませんので、つい安く利用できる医療機関を選んでしまう人もありますが、安く治療ができる場合は、薬剤が安いものが選ばれている可能性があります。安い薬剤による治療ではトラブルの可能性もありますので、安さだけで選ばずに薬剤の質の良さは重視してクリニックを選んでいきましょう。治療は注射だけで行うことができますが、決して簡単な治療ではなく、注入部位や注入量、深さなどによりかなり仕上がりは違ってきます。周囲に気付かれないぐらい自然な仕上がりを得るためにも、高い技術力を持つ医師が対応してくれる医療機関を選びましょう。安心して利用できるクリニックが見つかったらまずはカウンセリングを申し込みます。カウンセリングはホームページや電話から申し込みができますので、まずは予約を行っておきます。カウンセリングの際は診察や治療や料金の説明が行われますので、その内容に納得ができれば治療を申し込むこととなります。施術当日は診察が行われ、問題がなければ気になる部位への注入が行われます。治療は注射だけで行えるので短時間で済ませることができます。ボトックスの注入時は痛みも気になりますが、麻酔クリームなどで対応することができますので、治療中の痛みの心配はありません。ボトックス効果は2〜3日過ぎた頃からゆっくりと現れるとされています。入院の必要もなく当日に帰宅することができます。副作用やダウンタイムは少ない治療ですが、当日は飲酒や長時間の入浴、激しい運動などは控え、施術場所を過度に触ることも避けましょう。

注射

注意したいポイント

ボトックス注射の施術後は、普段通りの生活が送れます。しかし、注入部位を強く押すと薬剤が広がってしまい、ボトックス効果が落ちてしまう恐れがあるので注意が必要です。クリニックを選ぶ時は医師が持つ資格や、アフターケアの体制を確認しましょう。

女医

今注目の美容整形施術方法

ボトックス効果とは、ボツリヌストキシンを注入する事で筋緊張を和らげ、筋肉の発達が原因によるしわや顔太りを改善するものです。効果が現れるのにはある程度の期間が必要であり、その事が美容整形を受けた事がバレずに自然な仕上がりになる特性があります。

顔に触れる女性

予約をしよう

ボトックス治療は注射を利用して行い、カウンセリングを行ってその人に合わせた施術を行っています。病院を選んで予約したら、カウンセリングを受けて施術へ進みますが、カウンセリング時はボトックス効果等聞きたい内容を予めまとめておきます。